Fattoria Astorre Noti in Ruppiano

「トスカーナ」と言えば「ワインとオリーブオイル」と世界中が連想します。トスカーナ地方は、サンジョヴェーゼを始めとするぶどう品種を誇るイタリアで最も有名なワイン生産地で、サンジョヴェーゼは世界で最も名の知られたイタリアンワイン「キャンティ」の主品種です。

また、世界で最も魅力にあふれたロマンチックな土地の一つとして、人々はトスカーナに惹き寄せられます。

このような理由から、そしてこの土地への愛情から、私どもはぶどうやオリーブの第一の生産地として、この「トスカーナの太陽の下」を選びました。

ルッピアーノ・アストッレ・ノーティ農園はキャンティ・クラシコ産地の中心部にあたるカステルヌオーヴォ・ベラルデンガに位置し、弊社はガッロ・ネロ(黒い雄鶏)生産者組合に加盟しています。

ルッピアーノ農園は13へクタールのぶどう畑とワイナリーを所有し、サンジョヴェーゼ、メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨンを栽培しています。

この新しい試みには、アルマ ワインズの真髄があります。あらゆる意味で、生産過程に寄り添い、世界各国に輸出される一本一本のワインが最高品質にて保証できます。

農園ではオリーブの木々(フラントイオ、モライオーロ、レッチーノ)も栽培されており、これらのオリーブから自社製の最高品質エキストラバージンオリーブオイルを生産しています。