ピエモンテワインの高貴さ

洗練された特徴を持つランゲ地方のブドウ品種。ピエモンテ州の中心、イタリアワインマップの中でも素晴らしい地域で、ユネスコの世界遺産に登録されているところでもあります。人類の芸術遺産や環境遺産の一部として知られています。ピエモンテでは、古代からワインを醸造しています。ここでは、ネッビオーロが生まれました。イタリアのブドウ品種の中でも最も高貴なもので、バローロやバルバレスコなどの長期熟成に適する品種です。様々な特徴を持った芳香が興味深いものとなっています。Alma当初からのワイン醸造家ロベルト・ジェルビーノは、その完璧さを理解していました。その芳香は、ガヴィ、ロエロ・アルネイス、バルベーラ・ダルバにもあり、その地方の香りを包む性格の品種となっています。熟成が短いうちに飲むと心地よい驚きを感じられ、熟成が進むとよりしっかりとした表現が感じられるようになります。