ワインのアンバサダー

世界に最も高名なイタリアワイン生産地域の一つの古い文化を広めています。 これがAmbasciata del Buon Vinoのミッションです。ヴァルポリチェッラ (直訳すると「多くのワイナリーのある谷」) 土着の3種の黒ブドウ品種を際立たせ、ローマ時代にまでさかのぼる伝統を祝います。

この地域全体では、皮が厚く、ここで生産される多くのワインのベースであるコルヴィーナが広く栽培されています。骨格、色、しっかりとしたタンニンに影響を与えます。ロンディネッラとモリナーラは、同地域のエンブレム的なブレンド、ヴァルポリチェッラ、リパッソ、アマローネを完成させるために使用されます。このセレクションは、品質と伝統を融合させるメッセージを発信しています。

これらのブドウは、アッパッシメントに適しています。ブドウの房を専用の棚に置いて空気に触れさせて乾燥することで、多くの成分が濃縮されます。結果は?フルボディ、すばらしい特徴を持った滑らかな舌触り。特に、アマローネとリパッソで際立ちます。

Alma 創設者であるアレッサンドロ・ベルセッリとヴァルポリチェッラの有名な生産者ジャンルイージ・リゲッティが出会ったのは、90年代のことでした。ワインのアンバサダーとなるワインを一緒に作るという彼らの夢が形になり、現在はこのブランドにその思いを詰め込んでいます。